二時世ぶりに行ってきました、家族で盛り上がった水族館

GW初日、家族で二カテゴリーぶりに水族館へ行ってきました。二カテゴリー前に行った時は、わが輩はまったく一歳で海の生き物に対してめったに注意がなく、しかもウィークデイだったので会場も薄くテキトーに見て帰っただけだったけど、今年は状況ががらっと変わってかなり楽しんできました。一層、驚いたのが会場の多さだ。北海道や秋田、宮城等にある大きな水族館と変わり、地元の水族館は人類があんまり欠けるような水族館なので今も悠長にして遅いに行ったら、モータープールは満車で人類は行列でそれを見た時機、盛り上がりが上がったのと同時に汗がブワッと吹き出ました。やっとの想定で館内に入ると、見慣れた魚らがどしどし綺麗に泳いでいて、てんで我らを迎えてくれている氏でした。魚やクリオネ、ペンギン、イルカ、アシカ等の甘い海の生き物らに最高峰興奮していたのが誠に、二カテゴリー前までただ泣くか要因取り分からなみたいに見ていたわが輩でした。魚を見て秀麗だと言い、イルカに水をかけられてキャッキャと喜び、必要怖がって接する事がなかった貝やイソギンチャク、ヒトデを持って笑顔で撮影を撮る様相を見て、又もやお子さんの拡張に嬉しさとフィーバーを行う事が出来ました。