いい企業の株というのは必ず株価は回復するので安心できます

今回の立会外分売は市場悪化の影響を受けて寄り付きの値段はあまり芳しくはありませんでした。ただ、分売われを起こすということは、その銘柄をスイング投資したい人にとっては絶好の買い場となったのではないでしょうか。しかし、分売株に当たった多くの人は寄り付きに売ってしまう人が多いのでそのような行動をとった人にとっては残念な結果になったのかもしれません。
私はいい銘柄が分売価格を割った場合にはそこで新たに株式を購入するのがセオリーだと思っている人間です。
だだし、私は日中はラサリーマンとして働いているのでリアルタイムで株式の注文を出すことはできませんので、大抵は指値で注文を出しておきます。今回もある銘柄に指値注文を入れておいたらその買い指値注文が通り、私はある株式を100株だけ保有することになりました。私はこの銘柄を地合いが回復すれば売りす。しかし、地合いが回復しなければ損切せずに買い増しをしようと思っています。
たとえ、一時的に含み損を抱えてもいい企業の株というのは必ず株価は回復するので安心して株式を保有することができます。キレイモ 回数